スタートページ | オランダ、小さな国の大きな可能性
2019年 1月 16日 (水曜日)

オランダ、小さな国の大きな可柏ォ

オランダ、小さな国の大きな可能性

チューリップ、風車、木靴、チーズ。オランダと言われて思い浮かぶものといえばこんなところでしょう。オランダ人は自分の国に誇りを持っていて、これら以外にももっと誇れるものがあると信じています。

絵に描いたような美しい村、Volendam(漁村で有名)、Alkmaar(チーズマーケット)もしくはZaanse Schansを訪ねてみてください。Giethoornでの船遊び、Den Haagのファッショナブルな商店街でのお買い物、Maastrichtでの南部式おもてなし&料理を経験するのもいいでしょう。AmsterdamやRotterdamももちろん逃すことのできない名所です。

Amsterdam、オランダの首都であるこの都市はたくさんの顔を持っています。ロマンチックな運河については聞いたことがあるかもしれませんし、活発なナイトライフももちろん、多大な数の自転車も有名です。活気に満ちたショッピング街やマーケット、ギャラリーやブティックの乱立する古い地区、歴史的モニュメントの数々や、レンブラントの夜警で世界的に有名な国立ミュージアムを含んだ40以上もの美術館・博物館などなど。夜にはもちろん、無数のナイトクラブのうち、ひとつやふたつ、試してみてはいかがですか?もしくはカジノで運試しをするのもいいかもしれません。アムステルダムにいて冴えない時間を過ごすことなんてありえないでしょう。

Rotterdamは様々な顔を見せてくれます。世界一の港であるだけでなく、地元人によればオランダで一番美しい町だとのこと。多数のお店、レストラン、カフェにめぐり会え、また有名な建築物のハイライトもここで楽しめます。

Den Haagとその近郊にある二つのビーチリゾート、ScheveningenとKijkduinはどんな長さの滞在にも最適な町です。またこの都市はオランダ王室の本拠地であり、オランダの政府機関の中心であり、また国際裁判所でも世界的に有名な都市です。この都市は様々な娯楽を提供してくれることでも有名です:歴史のある都市中心部、ユニークなレストラン、劇場、マウリッツハウスのような美術館を含めた娯楽施設などなど。歴史ある建物に収まっているモダンなショッピングエリアは、歴史好きにも買い物好きにももってこいな場所でしょう。

天候:夏には平均21度と、とても気持ちのよい気候ですが、軽めのレインコートを夏服やビーチ用の衣類と一緒に携帯する事をお勧めします、というもの、オランダは卵ェ不可狽ネくらい天候が変わりやすいことで有名だからです。冬の強い風はとても冷たく、一月、二月はかなりの冬服が必要です。この時期の平均気温は2度前後です。

時差:オランダは中央ヨーロッパタイムゾーンに属し、世界標準時間より一時間先です。

言語:オランダ語が公用語ですが、ほとんどの人が英語を流暢に話せます。それに加え、多くのオランダ人がドイツ語やフランス語を理解します。

税関にて:有効なパスポート所持が義務です。

通貨:ユーロ

電圧:オランダの電圧は220Vです。ホテルでは髭剃り用に110Vや120Vの電圧に対応しているところもありますが、適したトランスやコンセントプラグを携帯することが望ましいでしょう。

開店時間:
商店街:月〜金 8:30/9:00〜17:30/18:00、土 〜16:00/17:00。多くの都市では週一回、木曜日もしくは金曜日の晩にショッピングナイトと呼ばれるシステムがあり、夜遅くまで買い物できます。アムステルダムやロッテルダムなどの大都市や観光都市では多くの店が夜遅くまで、もしくは日曜日も開いています。

銀行:月〜金 9:00〜16:00/17:00、ところによってはショッピングナイトに合わせていたり、土曜日に開いていたりします。日曜日休業。

アムステルダム(スキポール空港)へ、もしくはアムステルダムからの交通手段

バス:

スキポール空港からアムステルダムとその近郊に向けてバスが運行しています。アムステルダム中心部へ行くのなら、電車に乗るほうが簡単でしょう。

タクシー:スキポールからは二種類のタクシーが運行しています:
スキポール・トラベルタクシー>スキポールと別都市をつなぐ国営タクシーサービス。あらゆる住所に向けて運行しているので、大荷物を抱えての乗り継ぎ、という苦難はありません。またスキポールに戻るのにもこのタクシーが便利でしょう。スキポールから/スキポールへ、片道19ユーロ、往復34ユーロ。値段交渉可。

個人タクシー>ターミナルの外では多くの個人タクシーが客待ちをしています。これらのタクシーはすきポールタクシーに比べて割高かもしれません。

電車
スキポールへ/スキポールから、電車を使うのはただ早いだけでなくとても快適です。チェックインデスクやターミナルのすぐそばに電車が到着するのは実に便利です。アムステルダムへは20分くらいで、料金も1人片道3.50ユーロ(二等車)とお安めです。

 

この記事を印刷する
コメント

コメントはありません!

名前 : *

E-mail :

メッセージ : *




* = 必須事項